カテゴリー「CLIP STUDIO PAINT」の記事

2013年5月21日 (火)

[クリスタ]小ネタ13 強いぞ僕らのツールナビ

CSPでは後からできることが多いのです。

・[グラデーション]レイヤー
    後からグラデーションの向きと幅を変える
・[ベクター]レイヤー
    後からポイントの位置を変えたり線の太さを変える
・[トーン]レイヤー
    後からトーンの設定を変える
でも、後からの設定ってなんのツール使うんだっけ?…初めのうちはちょっと戸惑いそう。
001
そこで、[レイヤープロパティ]のツールナビゲーションを確認。これは[グラデーション]レイヤーの時のツールナビゲーション。
002
こちらは[ベクター]レイヤーの時。それぞれのレイヤーで利用できるツールが一覧で出てくるので、ツール迷子になることがありません。
003
後は設定をいろいろいじり倒す至福の時をお過ごしください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 4日 (土)

[クリスタ]小ネタ12 トーンの領域をカラー表示

トーンを貼るときに、ドットや柄に空白が多いとトーンが
どこまで貼れているのか判りにくいので、コミスタでは
トーンを貼っている領域を一時的にカラー表示する機能がありました。

CSPでそれと同じことをする場合は
_2013_05_04_14_35
[レイヤー]パレットのトーンを貼っているレイヤーを確認。

[マスク]アイコン(赤四角のトコ]を[alt]キーを押しながらクリックします
_2013_05_04_14_39
…とこうなる。コミスタの時とはカラー表示される場所が逆になるけど
これで充分作業はできそうです。

そもそもCSPって網点トーンを貼るというイメージではなく、
グレーで塗った(塗りつぶした)ものをトーン化するだけなので
マスクの領域を表示する機能としてはこれで必要充分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月10日 (水)

[クリスタ]小ネタ11 パース定規の無限遠

・パース定規の無限遠の設定のショートカット

0401_01
消失点にむかって収束している状態から全くの平行線に変更する方法。
0410_02
[選択]ツール→[オブジェクト]で[Shift]を押下しながら消失点から出るガイド線上にある[+]マークをドラッグすると、無限遠になります。ほら、簡単(笑)。
アイレベル上の消失点の場合は、アイレベルを水平や固定に設定していると無限遠の角度が限定されるので注意。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月23日 (土)

[クリスタ]小ネタ09 選択範囲内に定規を

001

クリスタで、こんな感じに選択範囲を作った状態で定規を作成すると…
002
ちゃんと選択範囲内の定規を作れる。一部を切り取ったりする定規を作る時に、案外これが便利なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月15日 (金)

[クリスタ]小ネタ08 3Dへの期待

コミスタでも3Dワークスペースというのがあって、3DCGのアングルに併せてフリーハンドでパースに沿った線画を描ける機能がありました。

CLIP STUDIO PAINTでも3D素材を読み込んで3DCGを操作するとグリッドが表示されてアングルを操作できます。
20130314_231309
そのアングルに併せてフリーハンドでパースに沿った直線を描くことができるようになっています。
20130314_234751
3Dの素材を読み込むとレイヤーパレットに定規マークが表示されるので、有効にしておきます。定規のスナップも忘れずに。
20130314_234751_2_2
コミスタの時と大きく違うのは、実際にパース定規が作成されていること。この状態で3DCGのアングルを変更してもちゃんとパース定規も同期しています。
20130314_234834
3DLT(下描き)機能については2013年の夏以降に実装されるとのことですが、更に使いやすくなってくれると、パース定規を設定するのが判りやすくなりそうなので、ちょいと期待しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 6日 (水)

[クリスタ]小ネタ07 線画の抽出

(CLIP STUDIO PAINTプレビュー版の内容です)
例えば線画をスキャンして、黒いインク部分だけ抽出したいと思ったらフォトショならアルファチャンネルをうまく使って作業しますが、コミスタやイラスタなら[グレー(8bit)]レイヤーに変換するだけですぐに作業が完了してました。
0306_01
で、クリスタではどうかというと、同様のことができるようになって
0306_02
[レイヤープロパティ]で[表現色]を[グレー]にした後、黒白ボタンの[黒]をクリックします。
0306_03
白の要素が削除されるので、無事線画(黒やグレー)の部分だけが残りました。最後に[レイヤープロパティ]で[プレビュー中の表現色を確定]を選べば作業完了です。
線画をスキャンする使い方でも簡単に作業できるようになりそう。スキャン機能はまだ搭載されてないけどね。もちっと待ちましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月28日 (木)

[クリスタ]小ネタ06 平行線定規の向きを

クリスタは1.2.2お試し版が公開中。

中でも平行線定規の向きをオブジェクトツールのドラッグで変更できるようになりました。
20130228
実はこれいろんな向きの直線を描く時に便利なのです。ちょっとずつ使い勝手が向上してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月10日 (木)

[クリスタ]小ネタ05 アンチエイリアスで描いてみる

[色調補正レイヤー]の「2値化」を使うと、アンチエイリアシング処理された線画も、モノクロ原稿納品で使えるモノクロ2値化状態の原稿にできます。

20130110_171300
[レイヤー]メニューから[新規色調補正レイヤー]→[2値化]を選んで、レイヤーの上に作るだけ。
20130110_171801_2
まとめてモノクロ2値化できるので、「アンチエイリアシングを使って」描いて、出力の時にモノクロ化できる。やっぱアンチエイリアスの効いた線の方が綺麗なので描いても気持ちええもんね。
ただし、現状「用紙レイヤー」を表示させておかないと「透明と黒」の間では2値化してくれないので注意。
レイヤー毎に2値化の設定ができるとコミスタとの互換性も取りやすくなる。うまいこと対応できたらええな。マイナーバージョンアップの対応を期待。

[2013年4月10日追記]
こちらの機能はver1.2.3でレイヤープロパティによって切り替えられるようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 6日 (日)

[クリスタ]小ネタ03下絵レイヤーはどこいった

コミスタで使ってた下絵レイヤーはどこ行ったと思ったら「画像素材レイヤー」という名前に変わってました。

でもって、ラスターレイヤーに描いた自分の絵も[画像素材レイヤー]にレイヤー変換すると、画像のデータそのものは破壊せず(元データを保存したまま)拡縮変形ができます。
存在を知っていると便利。
20130106_145836

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月29日 (土)

[クリスタ]小ネタ02 アンチエイリアスOFF

デフォルトではアンチエイリアスがかかっている設定が多いペンツール群。

まとめてサブツール全部のアンチエイリアスをOFFにしたい!なんて
こともあると思います。

[設定項目上で右クリック]→ツール内グループ内などを選んで一括で変更できます。
20121229_124357

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧