カテゴリー「旅行・地域」の記事

2008年6月16日 (月)

水の上の大阪

Rakugaki 大阪の繁華街、道頓堀にはクルージング船が就航しています。船で20分ほどで行って帰ってくるだけのクルージングもあり、ちょっとだけのぞいてみたいときなんかにはちょうどいい感じだったので、今日、生まれて初めて道頓堀の水の上から大阪の街を眺めました。

ちょうど静岡から友人が訪ねてきていたので、我が家もこんな機会でもなければ、大阪の観光船になんて乗りませんし、これはこれでいい機会。なかなか楽しい体験でした。

いつもと違ったアングルから見るいつもの街並みっていうものも、とてもいいもんですね。

| | コメント (2)

2008年4月29日 (火)

京都旅行

大阪で生まれ育って、途中東京にでかけてたけれど、また大阪に舞い戻って早5年。京都旅行ってあまり行ったことが無かったことに気付いてもて。

東京に住んでいると、「そうだ京都に行こう」とかCMもやってたし、「よし行くか!」となるんやけど、大阪だと京都ってどうしても日帰りになるもんで。ということで、思い切って京都に家族でお泊まり旅行に行くことに。

Dsc_0199__2

嵐山からトロッコ列車でトコトコと。

Ca3a0233_

保津川下りも楽しんできました。相棒さんともずいぶんと久しぶりに一緒の旅行やったので、二人ともとても満足な旅行でした~

| | コメント (0)

2008年1月29日 (火)

山陰へ

Photo 仕事の関係で山陰へお出かけでした。島根県の益田というところです。

仕事は滞りなく(きっと)進んだのですが、それよりも行き帰りの飛行機が気流の関係でなかなか大変でした(笑)。キャビンアテンダントさんの声が揺れるくらい揺れました。それでもやっぱり飛行機は落ちません。空に昇ってしまえばそんなに酷く揺れることはなかったんですが、なかなかスリリングな移動でした。

駅前のホテルが宿だったのですが、駅の雰囲気がなかなか良くて、早朝に入場券を買って駅に入ってみました。もちろん都会のようにラッシュアワーでたくさんの電車がいきかう…ということもなく、列車も少ない車両編成でしたが、良い雰囲気でした。ゆっくり名時間が流れる空間も、たまにはいいもんです。

これで仕事じゃなければ…(笑)

| | コメント (5)

2007年3月19日 (月)

東京

Dsc01143久しぶりに東京です。仕事抜きの。

……だったはずなのだけど、結局つい先週卒業した学生と会って、東京での仕事を紹介。 その後そこの会社で今後のお仕事を打ち合わせ、でもって、今の職場の東京校に送り込む講師の先生の特訓と、東京校の先生と落ち合って酒呑み。

仕事抜きやなかったんか<わし。…ホント、貧乏症やねえ(笑)。

| | コメント (0)

2004年8月28日 (土)

大阪城案内

Horatyeh_739715614509611a 専門学校に担任として赴任している先生は単身赴任。本来の住まいは東京です。まだゆっくり大阪を見たことがないと言うことで、お昼ご飯を大阪の河をクルーズする屋形船で食べよう、ということになりました。 
 
しかし、直前に台風の影響による高潮注意報の発令で船は欠航。しょうがないので大阪城に行きました(どういう道順?)。 
 
久しぶりの大阪城はもうわしらが小学生の頃の面影はありません。随分と立派な内装になり、入り口はどこかの有名ホテルかと思うくらい…でも、ちょっと昔の泥臭い大阪城も懐かしいかな、と思うのはただの懐古主義でしょうか(^_^;)。 
 
台風も近づいているので、暴風の中とっとと帰宅しました。 
 
ちなみに、画像はとても大阪らしい一コマ。自転車はチェーンロックすれば盗難予防バッチリ…というわけでは無いんですよ。…とほほ。

| | コメント (0)

2003年11月24日 (月)

知らない、大阪

Horatyeh_7396942857639573a  大阪に戻ってきてからというもの、10年以上のブランクはなかなかのもので、すっかり知らない大阪を堪能しています。 
 
が、 
 
 昔から変わらないのに自分が知らなかっただけの大阪もまだまだ残っているようです。 
 
 この駅は終着駅。しかも大阪のど真ん中ミナミのそば。難波からも歩いていける距離の場所。南海高野線の終着駅「汐見橋」駅です。駅舎は本当にこじんまりと建っていて、時代から取り残されたかのようです。 
 
 歩いて20分のなんばパークスにはもう黒山の人だかりだったのに、ここでは電車に乗り込む人も降りてくる人も殆どいません。この写真で相棒さんが見上げるこのプレートには何十年も昔の大阪の路線図が描かれていました。わしの生まれ故郷のそばに海水浴場があったり(今は足を突っ込むと油で黒くなってしまうくらい汚い工業地帯と運河になっています)、とうの昔に廃線となった天下茶屋と天王寺を結ぶ路線が描かれていたり、懐古気分満載でした。 
 
 そのままその電車に乗り、南海高野線「岸里玉出」まで小旅行。さらにそこから折り返して難波までというちょっと贅沢な(どこが?)回り道をしてきました。地下鉄なら駅1つでも、初めての駅初めての路線で遠回りすると、なんだか本当にエトランゼ(この言い回しって…)になったような。250円の切符代だけでちょっと得した気分でした。 
 
 生まれ育った街でも、よく知っている土地でも、ちょっとした自分の知らない世界がまだ残っているようです。

| | コメント (0)